2017年11月4日土曜日

おむつなし育児を野球に例えてみた。

こんにちは、田中です。

連休いかがお過ごしでしょうか?

連投になりますが、おむつなし育児の記事をもうひとつ。

おむつなし育児を野球に例えてみた。



今日は、いろいろな人に興味を持ってもらうために、おむつなし育児を野球に例えてみました。
ものすごく大雑把で適当ですが、細かいことは気にしないでください。

こどもが攻めで、大人が守備側です。

・ウンチ→ホームラン


おむつにウンチされる→ホームランを打たれる。

たとえば、朝イチで、おむつにウンチ
「先頭打者ホームラン!」

一気にやる気をそがれますが、うまく気持ちを切り替えてがんばりましょう。
試合はまだ始まったばかりです。

おむつから溢れてカバーまで(服も汚れる)!
「場外ホームラン!」

おなじホームランでも精神的ダメージが違います。

・オシッコ→ヒット


おむつにおしっこ→ヒットを打たれる。

ちょっと濡れる。シングルヒット。
しっかり濡れておむつカバーまで。二塁打もしくは3塁打。

たとえば、午前中はうまくいっていたが、午後イチでおむつが濡れていた。
「序盤はうまく抑えていたんですが、油断しましたね~」


・予定外の事態→エラー


例えば、タイミングを見ておまるにささげたが、こどもが動いておしっこが枠外に。

「完全に打ち取ったタイミングででしたが、もったいないですね~」


死球、四死球はちょうどいい例えがすぐでてきませんでした。すみません(誰に?)

最近の試合では、ホームランはあまり打たれなくなりましたが、ヒットはまだまだ多いです。

目指すは、ノーヒットノーラン。そして、完全試合ですね。

もっといい例えを思いついた方は、ぜひ教えてください(笑)


※おむつなし育児のまじめな記事も書いてます。
”おむつなし育児”のラベルからどうぞ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

冷蔵庫なし生活その後③冷蔵庫なしのメリット・デメリット

こんばんは。  今日、「NHKのど自慢」を初めてラジオで聞きました。 耳だけで鐘の音をいくつか当てつつ(結構おもしろい)、時折「天国の母のために」とか「単身赴任のお父さんと息子で出場」とか、もうすぐ島を離れる高校生が「母へ感謝の気持ちをこめて」とか聞くとそれだけで、近ごろ...

人気の投稿