2017年12月14日木曜日

男性育休 まわりの反応

こんばんは、田中です。

以前育休を取るまでの話は書きました。
関連:育休を取るまでの話(妻との話・会社との話)

今回は、育休を取ると決めてから、また実際に育休中のまわりの人の反応を書いてみます。

男性育休 まわりの反応


・「いいことだよ。その時しかできないことだから」

けっこうこのような好意的な意見をいただきました。
がんばります。

※意外にも、一番良く言われました。意外とってかんじて感じてしまったこと自体、自分が男性の育休を一般的なことだと思っていなかったという証明にもなってしまいましたが……

・「だいじょうぶ?」


これは、もういろんな意味で、だいじょうぶ?と聞かれました。
お金のこと。仕事のこと。

「ちゃんと子育てできるの?(がんばりすぎて)虐待とかしないように」
というような意味での、だいじょうぶ?もあったとかなかったとか。

※どうにかなると信じています。育休中のお金のこと(給付金のことなど)は、また改めてまとめたいと思います

・「すごいね」


これもよくいわれました。だいたい、上の「だいじょうぶ」とセットで言われることが多かった気がします。

「思い切ったな」というニュアンスでしょうか。

・「育休取れるっていいね」


制度としては、サラリーマンの人はみんな取れるんです。例え就業規則に乗っていなくても、拒否はできないことなので。

僕としても、なんの障害もなく取ったわけではないです。

まあ、いろんな状況がありますから。

ただ、育休なんてない自営業の人から言われることは、意外にもほとんどありませんでした。
ふだんサラリーマンを社畜とかいう人に限って、こういうこと言ったりしますね(心の声)。

・「育休取ってなにしてるの?」


子育てしているんです。
関連:育休取ってなにしてるの?
   育休中の一日(田中(夫)はなにをしてるのか?)


うちは、妻が仕事をやめているということもあり、余計にそう思う人もいたのかもしれません。

・「えっ、どういうこと?」


なにか、事情があるのか?とか。

男性の育休というのがよくわかっていない人もいました。
実際、昔は妻が仕事をしていない場合、男性は育休取れなかったみたいですね。


細かく言えばほかにも、ありますが、だいたいは以上のようなかんじでした。

僕のまわりの人は、意外にも好意的な人が多かったように感じます。
都合の悪い声はあまり耳に入らないという偏りもあるのかもしれません。

最後にですが、

おそらく、多くの人にとっては、僕が育休を取っていようがどうしようが、そんなことはたいしたことではない、というかどうでもいいことです。
(そんなに人のこと興味ないでしょう)
それが、正直なところだと思います。

ということで、実際のことろ、まわりの声はあまり気にしなくてよいのではないでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

冷蔵庫なし生活その後③冷蔵庫なしのメリット・デメリット

こんばんは。  今日、「NHKのど自慢」を初めてラジオで聞きました。 耳だけで鐘の音をいくつか当てつつ(結構おもしろい)、時折「天国の母のために」とか「単身赴任のお父さんと息子で出場」とか、もうすぐ島を離れる高校生が「母へ感謝の気持ちをこめて」とか聞くとそれだけで、近ごろ...

人気の投稿