2015年4月14日火曜日

年にいちどのお楽しみ!あなたの家にもある、身近なもので一式飾り。

ちわー!
このごろ雨が多くて憂鬱です。
買ったばかりの白い靴がまったく通気性を感じさせず、常に湿った感じの足元にも憂鬱です。
そんで雨だし。

あったかくて花がいっぱい咲く、春という季節が大好きなんですけど、今年は寒さにふるえています。
そんで雨だし。



気を取り直して先週、私たちがひそかに楽しみにしているある行事がありました。
ご近所の町、南部町で行われたさくらまつり。


のなかの、「一式飾り」です。→南部町観光協会HP

江戸時代の末期から明治のはじめ頃、上方方面から伝わったものとされており、悪病よけの祈願のために歳徳神のご馳走の意味とその年の豊作を祈願してはじめられたもののようです。日々の生活用具など一種類の用具一式で作り物をつくり展示する庶民の芸術でもあり、一般の住民が行っている民俗行事として高く評価されており、町指定の無形文化財となっています。(南部町観光協会HP)より

たとえば「靴下一式」ということはその飾りのすべてを靴下で作っているということ、とにかくストイックな飾りなのです。

たとえばこんなの。下駄で作る戦艦武蔵。


では、僭越ながら、(応援団の口調で)

わたくし田中(妻)の、今年のベストを、あげさせて、いただきます!


第3位 グレたま



最も端の地区でひっそり、息をひそめてた彼。
ぐれたタマちゃん?タマちゃんてあの多摩川のアザラシ?
ってかアザラシまだ多摩川にいるの?
とにかく謎多し。でもインパクトはすごい。何が一式なのか書いてないけど、おそらく皿。


第2位 エヴァ2号機


中学生が作ったという力作。なみいる強豪のなかで、ただひとつテーマの方向性が違う。
頭ぶつけそうなあの電灯がいい感じです。
見ている小学生はポカーン。
塗り物一式だそうです。



さあ、いよいよ感動の・・・・・・・・


第1位の発表です!

平成27年一式飾り、田中(妻)賞受賞したのは(賞品なし)・・・

この作品です!


第1位 羊



これ・・・・・・・・(すごさにおののく)

これ、小学生の作品ですよ!

白トレーと黒トレーで・・・・

まさかそんな・・・・・・(取り乱す)

こんな羊の表現、これはもう現代アートですよ!

そしてだんだんそう見えてくるという。(そうか?)


いや~今年も楽しませていただきました。

選外理由:普通にすごいから








0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

冷蔵庫なし生活その後③冷蔵庫なしのメリット・デメリット

こんばんは。  今日、「NHKのど自慢」を初めてラジオで聞きました。 耳だけで鐘の音をいくつか当てつつ(結構おもしろい)、時折「天国の母のために」とか「単身赴任のお父さんと息子で出場」とか、もうすぐ島を離れる高校生が「母へ感謝の気持ちをこめて」とか聞くとそれだけで、近ごろ...

人気の投稿