2015年10月4日日曜日

誕生日ありがとう!

先日田中(夫)は誕生日を迎えました。

その10日前は妻の誕生日で、1歳差の僕たちはわずかながら同い年の期間があります。

(いつもだけど)どうどうとタメ口の妻。
「だって歳いっしょだもんね」

しかし、もはや僕のほうがひとつ年長者。
「年長者を敬ってもいいんだよ」
「え?なんか言った?」

だいたいこういうことは無視されます。

========================

僕が生まれた日は、気持ちのよい秋晴れの日曜日だったそうです。
運動会の花火の音が聞こえ、先生から
「この花火のようにどーんと生まれてくるといいですね」
と言われ、その日の午後に僕が生まれたと母から聞きました。

生まれてから33年、日野町に来てから6年(途中1年はいなかったけど)、結婚してからはや3年半たちました。
毎日が、生まれた日のような気持ちのよい晴れの日ばかりではないけれど、
(ここで、「なんかいいこといおうとしてるぞ~」と野次が入る)
おおむね楽しい日々を過ごしています。

今日もこうしてみんなが来てくれたことがとても嬉しいです。
ありがとうございます。

(田中誕生会の挨拶より)
妻が勝手に企画してくれた誕生会。
プレッシャーを感じつつその日の仕事中に考えました。

=====================

翌日、なんとなくお菓子が食べたくなりスーパーへ。

好きなものをなんでも買ってよいということで、いろいろ買ってみました。
ふだんお菓子買うことってほとんどないです。


ひとつ袋が空いているのは、店から家までの間に食べてしまったから。

頭に巻いているタオルは、誕生日プレゼントにもらったもののひとつ。
値札付いたまんまビニール袋に入れてもらいました。5つも。
ありがとう!

今年はまだ稲刈りが終わらず、誕生日もその翌日も仕事でしたが・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

冷蔵庫なし生活その後③冷蔵庫なしのメリット・デメリット

こんばんは。  今日、「NHKのど自慢」を初めてラジオで聞きました。 耳だけで鐘の音をいくつか当てつつ(結構おもしろい)、時折「天国の母のために」とか「単身赴任のお父さんと息子で出場」とか、もうすぐ島を離れる高校生が「母へ感謝の気持ちをこめて」とか聞くとそれだけで、近ごろ...

人気の投稿