2015年11月30日月曜日

うんこの値段

こんばんは。

尾篭なタイトルですみません。

夏に後輩のところに遊びに行ったとき、

「お金がたまらないんですよ~」

という話になり、

「家計簿つけてみたら」

などとえらそうに言ってみました。
なにごとも、現状把握がスタート地点ですよね。

現状把握→目標の設定→(現状と目標の)ギャップを埋める方法を考える。
こういう流れではないでしょうか。

しかし、その時点で我が家は、家計簿などつけていませんでした。
すみませんでした。

レシートはとりあえずもらうようにしておくんだけど、たまってきたらジャマになって捨てる。
という意味のないことをしていました。

しかし、人にそう言ったことをきっかけに家計簿つけてみたんです。
まあ、2ヶ月ですでに飽きてきていますが。

ともかく、いろんな出費があります。

トイレが簡易水洗での我が家は、先月汲み取りをしてもらいました。

5月から半年分で、
ずばり7000円ほどかかりました。
(ずばりとか言いつつだいたいの金額しか書かてない)

1L10円ちょっと。

ずばりこれは、うんこ(及びおしっこ)の値段です。

※ちなみに、旅に出る前の家は簡易水洗でもないいわゆる「ぼっとん便所」で(オール電化なのに!)汲み取り料は今の家の半分くらいでした。流す水の量がないので。

ここでお得意の?100年計算してみましょう。
半年7000円なら、
1年14000円、
10年14万円、
100年140万円です。

※追記
その後の汲み取りのペースというか料金は安くなっております。量が減ったのかな?

これは大きい。うんこだけに、とかではなく。
(だいたいいつも100年もその条件で続かないでしょ、とか突っ込まれますが・・・)

ぼっとん便所ならその約半額くらいなわけですね。

ちなみに、普通の水洗だった場合いくらなのか調べようと思ったのですが、僕の住んでいる町のホームページには水道料金は書いてあるけど、下水料が載っていませんでした。

たぶん2人だと、1月2000円くらいだったような。
その場合、100年で240万円です。
(これは、トイレの排水だけではないので、単純には比較できませんが)

こうやって考えてみると、うんこの値段って、けっこう大きいです。
うんこだけに。


※この問題への解決策?はいろいろ考えられますが、こういうことを実践されている人もあります。
くう・ねる・のぐそ「地球に愛のお返しを」伊沢正名
経済面というより環境面に配慮した行動です。


これからこの「~の値段」シリーズ、好評連載にしたいです。

それらをまとめたら、田中の値段というものも浮かび上がってくるかも。





0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

冷蔵庫なし生活その後③冷蔵庫なしのメリット・デメリット

こんばんは。  今日、「NHKのど自慢」を初めてラジオで聞きました。 耳だけで鐘の音をいくつか当てつつ(結構おもしろい)、時折「天国の母のために」とか「単身赴任のお父さんと息子で出場」とか、もうすぐ島を離れる高校生が「母へ感謝の気持ちをこめて」とか聞くとそれだけで、近ごろ...

人気の投稿