2016年3月23日水曜日

そうだ、京都行こう。~さまよえない田中旅①~

お坊さん1ダース
こんばんわっ。
最近物忘れが激しい田中(妻)です。
えーっとあの人誰だっけ、ほらあのアレ。ということがしょっちゅうです。
脳細胞が老化しているのでしょうか。ひいっ。


さて、先日、ふいにポッカリと休みができた田中たち。
どこかへ旅に出ようということになりました。車に寝袋や毛布を積み、晴れた空の下張り切って出発!

とくに目的地も決めていなかったのですが、なんとなく鳥取を通って京都北部あたりに行ってみようかーということに。

北栄町では菜の花畑が満開。みつばちがいっぱいきています。


砂丘に行ってみようかといってましたが、ちょっと方向を変えて摩尼寺へ。


長い石段を上がると立派なお寺が。一度焼失して、今あるのは江戸時代に建てられたものだそう。
お坊さんが親切に色々おもしろい話を聞かせてくれました。
田中にいたっては「いつでも修行できますから」とスカウトされていた。
摩尼寺からは海も砂丘も見えます

そこから青々と茂るらっきょう畑を過ぎ、浦富海岸を過ぎ、
なんとなく餘部鉄橋へ。



いや~いいとこだった。小さいけれど、なんだかその小ささが安心。

夕暮れには灯台も見て、大満足。



小さな港町の食堂でごはんを食べ、共同浴場的な温泉に入り、京都府の道の駅で就寝。
久々の車中泊は暖かく快適。


翌日は馬堀駅からトロッコ列車に乗って京都へ。



一気に観光地に入り、テンションが上がる。
竹林やお寺が集中した場所を歩きまわる。人力車のお兄さんは中国人観光客に道を聞かれ「竹林(ツーリン)This way」といっていた。



京都での一番の目的地は龍安寺。中川翔子の「京都のお寺~龍安寺~」の歌でおなじみ(?)



小雨がぱらつく中、なんとなく散歩。
しずかな裏通りを通り、小さな商店街をいくつも通る。

途中、市内にいくつもある温泉(銭湯のようだが)にもつかってみる。



歩き続けて二条駅に到着。これ以上行きたいところも思いつかない我々。
なぜかここまで来て「エヴェレスト 神々の山嶺」を見ました。
個人的には蝋人形シーンがおもしろかった。

夕飯には少し戻って「ラーメン親爺」のおいしいラーメンを。


雨に打たれながらも行ってよかった。

電車で戻って移動して、その日も道の駅で就寝。

おやすみなさい。





0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

冷蔵庫なし生活その後③冷蔵庫なしのメリット・デメリット

こんばんは。  今日、「NHKのど自慢」を初めてラジオで聞きました。 耳だけで鐘の音をいくつか当てつつ(結構おもしろい)、時折「天国の母のために」とか「単身赴任のお父さんと息子で出場」とか、もうすぐ島を離れる高校生が「母へ感謝の気持ちをこめて」とか聞くとそれだけで、近ごろ...

人気の投稿