2017年1月23日月曜日

ヴィパッサナー瞑想体験記⑤よくある質問&参加者の声

こんにちは。

瞑想体験記もこれが最後になります(たぶん)。
またなにか思いついたら追加するやもしれませんが。

第5回は、よくある質問と参加者の声をまとめてみました。

*********

よくある質問

気になる方は協会のホームページのほうをまずはご覧ください。
ヴィパッサナー瞑想:よくあるご質問

田中なりの補足と、追加を少し。

よく聞かれることとして、お金のことがあります。
僕らも一番聞かれたことかも。

コースの参加費はいくらでしょうか?

指導および宿泊、食費は全て無償で提供されます。これは、ヴィパッサナーコースに参加するそれぞれの生徒に、以前コースに参加した生徒から贈られるものです。世界各国で行われているヴィパッサナーコースは寄付のみで運営されています。コース終了時点で、その瞑想の体験から恩恵を受けた時、自分の出来る範囲内で次のコースを受ける生徒のために寄付をされることを歓迎します。

‐上記リンクからの抜粋‐

ここに書いてあるように、 参加費は無料で寄付制となっています。

自分がコースに参加できるのは以前に参加した人の寄付のおかげ。
そしてもしこの瞑想を体験してよいものだと感じれば、次の人が受けられるように寄付をする。

ということです。

だから、相場とかはあまり考えなくてもいいと思います。
僕もはじめは、10日間の宿泊と食事とかの費用として~と考えていましたが、そうではないですね。
そういう考えだと、お金を払って参加しているのだからと、食事や施設のことに不満がでてくるかもしれません。

(お金を払う)という同じ行為かもしれませんが、気持ちで違う気がします。

寄付は、コース運営費と、施設の建設費を選べます。
※領収書ももらえます。
※後で振り込むことも、その場でカード払いもできます。
時代ですね。ATMとかできたらいやだけど・・・  

そして、お金がない人は体で払うというのも喜ばれます。
労働は尊いもの。参加者の為に奉仕するのもよい体験になりそうです。


その他
どんな人が参加しているのか?

いろいろな人が参加しています。
参加する前のイメージとして、「ヒッピーぽい人とか多そう」などと思っていたのですがそんなことはなく。
普通の?会社員の人、公務員の人、学生さん、自営業の人。職種もさまざま。

「知人・友人がこのコースに参加したことがある」という人が多かったです。
確かに、実際知っている人が参加して、特に問題なく帰ってきているというのは安心できますよね。

僕らも知り合いに参加者いました。
僕らのほうから行くって言うまで、知らなかったけど。


緊急時の連絡は?

施設の電話番号を緊急連絡先として両親などには伝えておきました。
僕らは幸いにして何もありませんでしたが、緊急時(身内の不幸や災害時)の連絡は取り次いでくれます。


なんで瞑想とか行くの?

これもけっこう聞かれましたね。
なんか病んでるんじゃないかと心配されたり。

僕の場合は、単純に好奇心というのが大きいです。
世界一周旅行中に他の長期旅行者のブログを見たりして、この瞑想のことは、知っていました。
でも、実際すごいと思いませんか?
10日間の聖なる沈黙とか、自分が体験したらどうなるんだろうって。

この話は、妻ともしていて、こどもできたということもあり、ふたりで行くなら今しかないかな、と思えたこともタイミングです。

同室には、妻とこどもいるけど、単身参加されている人もいました。だから、こどもできても行けないことはないんですけど。ふたりともはちょっと厳しいかなと。

あと、恥ずかしいので大きな声では言えませんが、

よりよい人になりたい。
ってのもどこかにあるんです。

よい人というのも漠然としてますが、穏やかな人というか、いっしょにいて落ち着ける人というか。

質問ではないけど、
10日間しゃべらないとか無理。

意外と大丈夫だと思います(もちろん人にもよりますが)。
僕は逆に、知らない人と同室だけど、「しゃべらなくてもいい(規則だから)」というのはある意味気楽でした。気を使って話すこともないし。
※毎日話していた妻との会話がないこと以外は。

電話とかも気にしなくていい(預けているし、それははじめからわかっていること)

僕は、やる前は「難しいだろうな、つらいだろうな」と思っていたことが(晩ご飯を食べないetc)、
やってみると意外に普通にできた、ということは一つの収穫でした。
※自分ではできると思っていたことが、やってみるとできなかったということもあります。

なんとなく、「自分でできると思えることはできるし、できると思えないことはできないだろう」
などと思っていましたが、思い込みはあてにならないものです。

※そのほか、個人的に気になることは直接各瞑想センターのほうへお問い合わせください。
田中のほうに聞いていただいても、わかる範囲ではお答えします。


参加者の声

ここでは、ネットで拾ってきたものではなく、僕がいっしょにコースを受けた参加者の声をあげてみます。
本来の瞑想の効果や、瞑想中に感じたことはあげていません。
なぜなら、これから参加する人にとって、事前に得た情報として、感覚や変化を期待するのはあまり良くないと思うからです。
感じることは、人それぞれだと思いますし。

僕も参加する前にいろいろな人の書いているものを読んだりしました。
例えば「泣いた」という人けっこういたような気がしますが、僕は涙は出ませんでした。

ちょっと、どこかで、涙が込み上げてくるのを期待していたのですが・・・
そういう期待や、先入観はないほうがよいかと。

 主に副次的な効果です。


・以前より姿勢が良くなり、タイピングも柔らかくなり、呼吸も穏やかになり、心も平静になり、疲れにくくなりました。

・家族からも優しくなったと言われました。 

・(家族によると)歯ぎしりやいびきがなくなったらしい。

・移動中に瞑想することでそれまで疲れが溜まる時間が、疲れを癒す時間に変わりました。

・睡眠が良質になり時間も少なくて済みますし、仕事の効率も上がりました。

・外側で何かがあっても、自分の身体の感覚という、明確に戻れる場所が出来たのが大きいです。『今』に戻れると言いましょうか。

僕ら夫婦も、瞑想後は穏やかな気持ちで過ごせています。
ちょっとしたことで、「なんで気付かないのかな」 などと苛立つことがなくなり、けんかもしておりません。
※僕らの周りには、けんかをしないという夫婦がけっこういて、「信じられん」と思っていましたが、ようやく追いつけたのでしょうか?

こういった副次的な効果だけでも参加してよかったな、と思える瞑想体験でした。

あと、悪い点は、、、わからないので想像ですが、

・時間。そもそも10日間もとれんわ。
ってこととか。

・欲望、感情にとぼしい、人間味なくなる?
でも、10日の瞑想でそこまで悟れたらすごい才能と思う。


と、ここまでさんざん書いてきましたが、田中からみなさんに強くお勧めするわけではありません。
僕らにとってはよかった。
でも、ほかの人にとってどうかはわかりませんから。

「人に勧められてきた」、となると、もしその人にとって全く実りのない時間であったのなら、紹介した人を恨むようなことにもなりかねません。

自分が参加したいと思ったタイミングで、環境が許せば参加されたらと思います。
参加したくても、なかなか簡単に10日間とれないでしょうし。
※でも、長い人生のうちの10日間です。
もし、パートナーが参加したいと言い出したら、上にあげたようなよい副作用もあるかもしれないので、頭ごなしに否定せず話を聞いてあげてくださいね。

********

この瞑想体験記。
なによりもまずは、自分たちが体験したことの振り返りのため。
書くことで、改めて思い出すことや気づくことってあります。

そして、これから参加する人の参考にもなれば幸いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

冷蔵庫なし生活その後③冷蔵庫なしのメリット・デメリット

こんばんは。  今日、「NHKのど自慢」を初めてラジオで聞きました。 耳だけで鐘の音をいくつか当てつつ(結構おもしろい)、時折「天国の母のために」とか「単身赴任のお父さんと息子で出場」とか、もうすぐ島を離れる高校生が「母へ感謝の気持ちをこめて」とか聞くとそれだけで、近ごろ...

人気の投稿