2017年5月14日日曜日

今日は母の日。電話して気付く鹿児島と鳥取の季節感の違い。

こんばんは、田中です。

今日は、母の日でしたね。
僕はそういうのにほとんど頓着しないのですが(堂々と言うことではないです)、妻はマメにいろいろとやってくれます。

そんなわけで、妻は田中の両親にたいそう気に入られております。
電話でも、息子と話すのはついでのような感じさえあります(ときどき)。

しかしこの度は、少し前に中井窯のコーヒーカップが届いたところだったので、特に贈り物はせずに、夜に電話をしました。

その時の会話で、改めて鳥取(の山間部)と鹿児島の季節感の違いを感じました。

・蛍

鹿児島ではすでに蛍が飛んでいるようです。

「早いね」というと、例年より遅いとのことでした。いつもは五月の初めから見られるらしいです。
そんなに早かったかな?

鳥取では、6月の初めごろから、山の方では7月初めごろまで見られます。

・水路掃除

「21日が第一回の水路掃除」というのを聞いて、
「え、5月の?」と聞き返してしまいました。

5月の中旬でも鹿児島では、まだ荒起こしがすんだ田んぼがあるくらいらしいです。
田植えは6月中頃から。
※地域にもよります。

鳥取では、4月の初めには水路掃除が始まります(早いところでは、3月の終わりから)。


というわけで、一月以上違いますね。

※それより僕が電話で気になったのは、親が「荒起こし」と言っていたこと。
うちは農家ではないので、そのような言葉を使っているのを聞いたことがなかったのですが、もしかして僕のブログ読んだのかな?

「そんなことは、常識だよ」と言われてしまいそうですが。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

冷蔵庫なし生活その後③冷蔵庫なしのメリット・デメリット

こんばんは。  今日、「NHKのど自慢」を初めてラジオで聞きました。 耳だけで鐘の音をいくつか当てつつ(結構おもしろい)、時折「天国の母のために」とか「単身赴任のお父さんと息子で出場」とか、もうすぐ島を離れる高校生が「母へ感謝の気持ちをこめて」とか聞くとそれだけで、近ごろ...

人気の投稿