2017年5月6日土曜日

新生児の肌着を作ろう

こんばんは。
トッポンチーノに続き手作りシリーズです。

新生児の肌着なんて、西松屋で10枚でいくらくらいの安さで売ってます。(私も西松屋で何枚か購入)

ですが、なにせ時間の余裕のある私。
この一人の時間を生かして新生児のための肌着でも作ったろうと思いたったわけです。

型紙をダウンロード

今回参考にしたのはこのサイトです。
ハンドメイドのココロ

まずは型紙をダウンロード。それを指定通りにのりで張り付け、さらにそれを縫い代を計って(今回は大丈夫!学習してます)、切る。

布を裁つ

さあ型紙に沿って布を切り取ります。赤子にやさしいダブルガーゼです。
切り取ってみて。おや?

ちょっと待ってこんなに小さいの?また計り間違え!?
と、思い西松屋で購入した肌着と比べてみたら…
西松屋のほうが断然小さかった(○∇○)

ドヒャー、新生児ってこんな小さいんですね。
くううっ、かわいいっっ。

布を縫う

マチ針で止めつつ、縫います。少しミシンも使いましたが、ミシンで縫うと縫い目が固く感じたので、あとは手縫いにしました。

日頃針仕事してるわけでもないので、赤子には悪いですがもちろん縫い目は不揃いです。

バイアステープを縫い付けるところがはじめよくわからず少し困りました。

そんなこんなでなんとか完成~!

縫い物超初心者な私にもできました。型紙とサイトの説明がわかりやすくてよかったです。

後日それをもとに、トッポンチーノの余り布で袖なしタイプの肌着も作りました。

仕上がりはまるで縄文人ですが、おもしろいので着たところが早くみたいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

冷蔵庫なし生活その後③冷蔵庫なしのメリット・デメリット

こんばんは。  今日、「NHKのど自慢」を初めてラジオで聞きました。 耳だけで鐘の音をいくつか当てつつ(結構おもしろい)、時折「天国の母のために」とか「単身赴任のお父さんと息子で出場」とか、もうすぐ島を離れる高校生が「母へ感謝の気持ちをこめて」とか聞くとそれだけで、近ごろ...

人気の投稿