2017年6月5日月曜日

いつ陣痛がきても大丈夫!?入院セットの中身ご紹介

私の産院では「34週までに準備しましょう」とマタニティパンフレットに書いてあった、入院グッズ。

陣痛きたー!いざ入院!となったとき、慌てないように準備しておきました。

入院グッズの中身

○母子手帳、診察券、保険証

これはもちろん。近頃は出かけるときは基本的に持ち歩いてます。

○入院の書類、筆記用具、印鑑

ですが、たぶん書類にあらかじめ押しとけば印鑑いらないのかも?

○洗面用具、タオル、ティッシュ、コップ、ストロー、スリッパ

このへんは普通の入院でもいるようなものですかね。

○入浴セット

○前開きのパジャマ、下着

授乳しやすいパジャマがよいらしいです。私は買ったものと、友達から「安産パジャマ」(友達二人?が出産のときに着たもの)も借りてます。
授乳対応パジャマというのもすごい種類あって驚きます。

○退院時の赤ちゃんの服

これもちゃんとしたい人はベビードレスを着せるとか?いろいろらしいです。

○カメラやビデオカメラ

これ以下情報をもとに独自に準備したもの

・スノローつきボトルキャップ

・張るホッカイロ

・マスク

・レッグウォーマー

・重ねばき靴下

・トッポンチーノ

上3点は陣痛時に役立つらしいもの。靴下、レッグウォーマーは冷え防止に。せっかく作ったトッポンチーノは抱っこのときに使うつもりです。

以上のことを付き添う夫に説明しておきましたが、もしや私以上に慌ててたら…。
どうなったかはまた結果お伝えします。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

冷蔵庫なし生活その後③冷蔵庫なしのメリット・デメリット

こんばんは。  今日、「NHKのど自慢」を初めてラジオで聞きました。 耳だけで鐘の音をいくつか当てつつ(結構おもしろい)、時折「天国の母のために」とか「単身赴任のお父さんと息子で出場」とか、もうすぐ島を離れる高校生が「母へ感謝の気持ちをこめて」とか聞くとそれだけで、近ごろ...

人気の投稿