2018年3月26日月曜日

洗濯機なし生活②実際どうしてる?

前回からの続きです。

関連:きっかけ↓
洗濯機からの卒業①きっかけ

洗濯は手で洗ったっていい。
洗濯~脱水まで全部おまかせの「全自動洗濯機」じゃなくてもいいんじゃないか?

二層式か脱水機か

ですが洗うのはいいけど結局困るのが脱水。
手で絞るのはいいけど生地が傷むし、たくさんあるときや大物は絞るのが大変。

おまけにこのへんでは冬はとくに乾きにくい。

そこで選択肢として登場したのが「脱水機」または「二層式洗濯機」。
手洗いして脱水機にかける、というのはヴィパッサナー瞑想のときもやっていてシンプルですごくよかったのです。
※ヴィパッサナー瞑想関連記事はこちら↓
ラベル:瞑想

二層式洗濯機も簡単な作りで壊れにくく、好きなように洗えておまけに洗濯してる感があってこれまたいいです。田中の実家がこれで、使わせてもらったらとてもよかった。

しかしせっかく洗濯機をなくすのに、二層式だとまた場所を取るし、ホースも使うときに浴室までのばさないといけない…。

それよりなにより、タライでの足踏み洗濯が結構楽しい!

ということで思い切って「脱水機」のみの購入にしました。

わがやの洗濯

①前日の夜タライに洗濯ものと風呂の残り湯、セスキ炭酸ソーダをいれて軽くもみ、つけておく。

②翌日洗剤を入れて足踏み。これは一種の瞑想ともいえます。考え事したり、ときには憎いアンチクショウの顔を思い浮かべたり?しながらフミフミしましょう。

③一旦脱水機にかけます。

④タライにもどしてすすぎ。またしっかり足踏みします。水が冷たいときはお湯を使っても。なにせ風呂場なので。

⑤脱水機にかけて、干す。おしまい!

どうです?簡単でしょ?

脱水機がすごい!

そして今回購入した脱水機がすごいんです。

通常の全自動洗濯機の2倍以上の回転数だという「アルミス」くん。

ほんとにしっかり絞ってくれるので乾きが早いです。
全自動洗濯機で脱水された洗濯物を脱水かけても、さらに水が絞れるようです。

子供のものもあり洗濯物が多いときもあるので、6kgまで入るところもいいですね。

洗濯機と比べると、断然コンパクトで軽いのもよいところ。

余談ですが、今回脱水機を調べていたら、ひとり暮らしでほとんどはクリーニングに出す人なんかは脱水機だけもってて手洗いするという人がけっこう多いのだそう。
※ひとり暮らしの人なら、もっと小さいサイズの脱水機でもいいかも。

さらに上をいくとそれすら持たず、手で絞るもしくは「野菜の水切り」で絞るという強者も。

今回脱水機を調べて役立ったのがこのサイト↓

息子がおおきくなったらいっしょにタライで足踏み洗濯するのが目下の夢です。
(嫌がられるかも)






0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

冷蔵庫なし生活その後③冷蔵庫なしのメリット・デメリット

こんばんは。  今日、「NHKのど自慢」を初めてラジオで聞きました。 耳だけで鐘の音をいくつか当てつつ(結構おもしろい)、時折「天国の母のために」とか「単身赴任のお父さんと息子で出場」とか、もうすぐ島を離れる高校生が「母へ感謝の気持ちをこめて」とか聞くとそれだけで、近ごろ...

人気の投稿