2018年6月16日土曜日

配偶者の呼び方(妻→夫)

こんばんは、田中です。

配偶者の呼び方(妻→夫)編です。

こちらも、書類の続柄とかに書くのは、夫ですよね。

そして、職場の上司とかにも、夫と言うのが無難なようです。

妻は僕のことを、だいたい夫と言っているようです。

他にもいろいろ呼び方ありますが、

・婿
嫁に対しては、婿だと思うのですが、配偶者のことを婿って言う人はいるんでしょうか?
嫁っていう言い方をする男性は、いますよね。
(嫁とか婿とかほんとはもうない、という声も聞こえてきそうですが)

この問題は、考えてみると、おかしいと思う人もいるでしょう。

・主人
じゃあ私は、従人ですか?

・旦那
「私のだいじな旦那さまー♪」ですか?
そんなかんじじゃないです。

・亭主
古いかんじがします。
亭主関白?
いや、無理です。

・パパ
パパってタイプではない気がする。
そのうち、子どもの前ではお父さんと呼ぶ日が来るのでしょうか?

・相方
芸人みたいな気がする。これは、夫婦で意見が一致していますね。

※もちろん、個人の感想です。
お互いによければいいんです。


ここから、対外的にではなく、お互いに、という話になりますが、

・田中さん
いや、あなたも田中さんだよ。

・九州男(くすお)
鹿児島出身だから?でもこの名前の人っていますよね。

・黒い人
色が黒いから?

・細い人
細いから?

・牛蒡男(ごぼうおとこ)
漫画デトロイトメタルシティの影響です。

・細牛蒡
牛蒡のなかでも、細牛蒡を選ばなくても。「牛蒡も牛蒡、細牛蒡さん」

黒くて細いから?
でも、泥を落としたら、けっこう白っぽいやつもいますよ?

馬鹿にしているのでしょうか?

・ちょっと。そこの。
もはや、愛称ですらないです。

でも、夫→妻編でも書きましたが、特に名前とか呼ばないことのほうが、多いですね。

みなさんは、なんと呼んでいますか?

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

冷蔵庫なし生活その後③冷蔵庫なしのメリット・デメリット

こんばんは。  今日、「NHKのど自慢」を初めてラジオで聞きました。 耳だけで鐘の音をいくつか当てつつ(結構おもしろい)、時折「天国の母のために」とか「単身赴任のお父さんと息子で出場」とか、もうすぐ島を離れる高校生が「母へ感謝の気持ちをこめて」とか聞くとそれだけで、近ごろ...

人気の投稿